ワキガ対策講座

ワキガだとバレていない僕が伝える!デオドラントの選び方

「デオドラントが効かない」とお悩みではないですか?

僕も最初は「デオドラントなのになんで効果がないんだよ!」と憤っていました。

しかし、選び方を間違えていることに気がついたのです。

同じように困っている人のために、ワキガでも効果のあるデオドラントの選び方をご紹介していきたいと思います。

1.無香料を選ぶべし!

デオドラントの中には香り付きのものが多くありますよね。

フローラルン香りとかレモングラスの香りとか、単体で香りを嗅ぐと確かにいい匂いです。

脇から何の臭いもしていない場合は、脇に塗ればさわやかな臭いが広がるでしょう。

しかし、ワキガの場合、香り期の物よりもワキガの方が強烈な場合があります。

そうすると、ワキガの臭いとデオドラントの香りが混ざって悪臭になってしまう可能性があるのです。

そのため、デオドラントは無香料を選ぶようにしましょう。

2.消臭だけでなく除菌も忘れずに!

脇が臭くなるのはワキガだけではありません。

汗をかいてそのままにすると、雑菌が繁殖するのでワキガ&雑菌のニオイが混ざり合い、これも悪臭となる可能性大です。

雑菌をやっつけるためには、除菌が必要です。

汗をかいたときは除菌シートで汗をぬぐったり、まずは汗を拭いてから除菌&デオドラントをするのが鉄則です。

3.ワキガ用を選ぶべし!

日本に多く出回っているデオドラントはワキガ用ではありません。

香りで良い臭いをさせる芳香剤のようなものなので、ワキガには効果がないのです。

これは、日本人にはワキガが少ないので、このような市場事情になっているのだと思います。

デオドラントを選ぶときは、ワキガ体質に効果があるものを選ばないといけません。

ただ、欧米用だと、確かにワキガ臭は薄れますが、その分シトラスやジンジャーの香りが強くするので、デオドラントの匂い自体に悩まされることもあります。

デオドラントの選び方まとめ

デオドラントの選び方で大切なのは3つです。

・無香料
・除菌
・ワキガ用

自分に合ったデオドラントは必ずあるので、あきらめずにケアしていきましょう。

返金保証のサービスを利用するのも一つの手段だと思いますよ!