ワキガ対策講座

ワキガの治療・手術方法一覧

ワキガの治療や手術をお考えではありませんか?

どんな治療があって、どんな手術があるのか、リスクなども合わせて一覧にしました。

ぜひ参考にしてくださいね。

剪除法

ワキの下を3~5センチほど切開する手術方法です。

切開したワキの中には、いくらほどの大きさのアポクリン腺があるので、ドクターがひとつずつ目視しながらアポクリン腺を取り除いていきます。

ワキガ手術と言えば剪除法と名高い手術なので症例が多いです。

デメリットとしては。傷跡が残ることと手術後はしばらくガーゼを貼って過ごさなければならないことが上げられます。

皮下組織吸引法

直接ドクターが目視する手術ではなく、ワキの下に1センチほど穴を2か所開けて、そこからカニューレと呼ばれる細い管を通し、アポクリン腺や皮脂腺などを吸引して除去する手術方法です。

デメリットとしてはすべてのアポクリン腺・皮脂腺を吸収できない可能性があることです。

そのことから、最近では利用されない傾向にあります。

超音波吸引治療

皮下組織吸引法のカニューレの代わりにハンドピース(超音波機器)を差し込んでアポクリンや皮脂腺を破壊する手術法です。

デメリットしてはすべてのアポクリン腺・皮脂腺を破壊できない可能性があることです。

また、やけどなどのトラブル報告もあがっています

皮下組織削除法

脇の下を1センチほど切開し、皮膚の表面にローラーの機器をあてながらカミソリの刃を皮膚内部に入れアポクリン腺、皮脂腺を除去していく手術方法です。

手術方法の中では傷口が目立たないというメリットと比較的取り除きが少ないという利点がある反面、ダウンタイムが長く皮膚に穴があくこともあるというトラブルの可能性もあります。

ワキガの手術方法まとめ

手術にはメリットとデメリットがつきものです。

せっかく手術をしたのに再発してしまっては意味がありませんし、手術によってトラブルを抱えてしまっては嫌ですね。

信頼できるドクターを探して、自分に合った手術を行うのがベストですよ。