ワキガ対策講座

ワキガの臭いを抑えるための食事の仕方

ワキガの臭いを抑えるためには食事がとても重要です。

ワキガの臭いを抑えるための食生活の仕方をご紹介していきたいと思います。

なぜ食事がワキガの臭いを抑えることができるのか?

なぜ食事が臭いを抑えるのに繋がるのかというと、食事にはワキガの臭いを強くさせる脂質を刺激するものがあるからなんです。

その他にも、臭いが気になる人は体臭を濃くするような食事は避けたほうが良いでしょう。

どのような食事がワキガに影響を与えるかは以下となります。

・臭いの強い食材はワキガ臭を濃くする

・一度にたくさん食べない

・肉・油に気をつける

匂いの強い食材はワキガ臭を濃くする

実は、ワキガの人は食べた食材の臭いをそのまま脇から排出してしまう人が多いです。

ワキガ体質の人ではなくても、食べたものは体中を血液と一緒に駆け巡り、毛穴から排出されてしまうのですが、ワキガの人は臭いがそのままで脇から出てしまうのです。

ニンニクを食べればニンニクの臭い、脂っぽいものを食べれば油の臭い、カレーを食べればカレーの臭いが脇からしてしまいます。

なので、ワキガの臭いを抑えたい場合はなるべく薄味の食事をこころがけましょう。

一度にたくさん食べないようにする

一度にたくさん食材を食べると、内臓に大きな負担がかかります。

そうすると内臓が弱って排泄力が落ちてしまうのです。

排泄力が弱って何が原因かというと、下から排出する力がない場合、たまった老廃物がワキからも排泄されることがあるからです。

つまり、ワキから老廃物の臭いがしてワキガになることもあるんですよ。

食事はつねに腹八分目を心がけるようにしてくださいね。

肉・油に気をつける

動物脂肪や油分のあるものを食べると、ワキガの臭いが強くなります。

脇から排出されやすい臭いなのです。

とくに油分はベタベタした汗になり、油の臭いがそのまましてしまうので、材料に注目して質の良い油を摂取するようにしましょう。

ワキガを抑える食生活まとめ

ワキガを抑えるための食事は「和食・薄味・腹八分目」が基本。

臭いの強い食事ばかりしているかたは、たとえワキガ体質ではなくても体臭が濃く、汗も臭いが強いです。

体臭を抑えてワキガ臭も抑えましょう。