ワキガ対策講座

脇毛を剃ったり抜いたりするとワキガになる可能性がある!?

脇毛を剃ったり抜いたりと自己処理する女性は多くいますね。

しかしその行為はワキガを招く原因でもあります。

正しい知識を身に着けてワキガのセルフケアを行いましょう!

突然ワキガになることがあるの!?

ワキガは体質なので突然なることはあり得ません。

しかし、いままでは自分でも認知できなかったごく弱いワキガが、認知できるほど強くなるとうことはあります。

その原因の1つに脇毛の処理も含まれるので、さっそくご紹介していきたいと思います。

1.毛を抜く

ワキガのニオイが強くなる原因として考えられるのは、“脇毛を抜く”という行為です。

脇毛を抜くとワキガの原因であるアポクリン汗腺を刺激してその働きを強めてしまうのです。

アポクリン汗腺は、刺激されることで「肌を保護しよう!」と思うので汗をかき、さらにニオイを倍増させます。

また、脇毛を抜くとその毛穴から雑菌が侵入して、ニオイの原因となることも!

脇毛を抜くという行為は、これだけワキガのニオイを悪化させる可能性があるのです。

2.脇毛の処理はダメなの?

しかし、脇毛の処理はワキガのニオイを軽減させることもできます。

脇毛があると汗が溜まりやすいので雑菌がつきやすく、ニオイがこもりやすいのでワキガ臭へとつながります。

しかし、先述したように刺激するとワキガを強くしてしまう場合があるので処理の方法が大切なのです。

ワキガを悪化させない正しい脇毛の処理方法

1.毛穴の汚れを落とす

まずは、ばい菌が毛穴に入らないように毛穴の汚れをクレンジング剤で落としましょう

2.脇を温める

脇をホットタオルで温めて、毛穴が開いたことを確認して毛を剃るようにしてください。

ダメージを抑えることができます。

浴槽に使った跡などでもOKですよ。

毛を剃るときは必ず石鹸やローションなどで肌を保護しましょう。

3.冷やす

脇毛の処理が終わったら毛穴を引き締めます。

冷たいタオルなどをわきの下においてください。

毛穴が開いたままだとばい菌が入りやすいので要注意です!

4.保湿をしっかり

剃った後の肌は、目には見えていませんが無数の傷が出来ている状態です。

保湿でしっかりと保護してあげましょう。

乾燥が気になる場合は、化粧水もプラスして下さい。

脇毛の処理は脱毛専門店がおススメ

脇毛の処理はセルフよりも脱毛専門店がオススメです。

自己処理よりも少ない回数で毛の処理が完了しますし、お肌をいたわってくれるので自己処理よりも刺激が少ないんです!

脇のニオイが気になる方は脇毛の処理を見直してみてくださいね。